USAGE OF THE AROMATHERAPY

アロマの使い方

アロマテラピーをするためにはオイルを色々な方法を用いて身体に摂取します。ここではその方法について解説していきたいと思います。

 

吸入法はティシュペーパーやハンカチを用意して、それらに精油(エッセンシャルオイル)を1〜2滴落として鼻に近づけて吸い込む方法です。 カップにお湯を入れたところへ、精油(エッセンシャルオイル)を数滴落として蒸気を吸い込む方法が一般的です。この時、目にしみることがありますので、目は閉じてから使用しましょう。寝不足で眠気を覚まして意識をはっきりさせたい時、風邪の予防や引いてしまった後に、気管支が弱っている時などに効果があります。勤務先や旅行先などでも手軽にできます。リラックスできる好みの精油(エッセンシャルオイル)を用いて吸入したり、部屋に香らせたりと、簡易芳香浴としても楽しめます。

 

芳香浴ではアロマポット(入れ物)を用意し、そこに湯を注ぐ、または下からロウソクで温めてそこに精油を2〜4滴落としたり、キャンドルや電気(ディフューザー)で精油を温めて揮発させ、空気中に香りの成分を漂わせたりする方法のことをいいます。ろうそくまたはライトで温めることによって精油(エッセンシャルオイル)成分が揮発し、室内に広がることになります。外出先では精油を無水エタノールに混ぜて精製水を加えたものを容器に入れ、使うときは振ってからスプレーするとよいでしょう。また、ティッシュやハンカチに精油(エッセンシャルオイル)を数滴落とし、香りをかぐだけでも簡単に芳香浴ができますのでやってみましょう、外出先などでも利用できる、手軽な方法です。

 

蒸気浴は洗面器に湯を注ぎ精油3〜5適落とし洗面器に顔を近づけ、深呼吸をして目を閉じるという方法です。これは頭痛、のどが痛いとき、鼻づまりなどに効果があるといわれています。

 

湿布浴は洗面器に熱湯または冷水を注ぎ、精油を落としてこれに浸し、絞ったタオルを肌に当てて、これを数回繰り返す方法です。精油(エッセンシャルオイル)を用いた湿布は肩こりや頭痛に、また気分転換にも簡単な良い方法といわれており、冷湿布の場合は冷水を、温湿布の場合は熱めのお湯を洗面器に入れて、精油(エッセンシャルオイル)を1〜2滴入れ、よく混ぜてタオルを浸し、軽くしぼって湿布します。

 

アロマバスとはバスタブに、直接精油を落とした後よくかき混ぜてから入浴する方法のことで、浴槽に張ったお湯に、好みの精油(エッセンシャルオイル)を合計で5滴以内になるように入れて、よくかき混ぜて入浴します。また、次の人が入る時には3滴を追加します。この方法にプラスあらかじめ精油(エッセンシャルオイル)をキャリアオイルや天然塩と混ぜてから入れると、精油(エッセンシャルオイル)が肌に直接触れることがなくなり、肌当たりが柔らかくマイルドになるので安心できます。こうすると、さっぱりタイプの入浴剤になりますし、1回分のベースオイル(植物性オイル)やミルクに精油を混ぜるとしっとりタイプの入浴剤になるのでバリエーションも楽しめます。リラックスしたいときは、ぬるめのお湯にゆっくりと15分〜30分ほどつかり、リフレッシュしたい時は少し熱めのお湯に短時間で入浴するとよいでしょう。お風呂から上がる時は、肌に残った精油(エッセンシャルオイル)の成分を流さないよう、できれば上がり湯をかけずに、タオルで軽く水分を押さえるだけにするのが基本です。アロマバスは、閉じられたバスルーム空間で精油(エッセンシャルオイル)の芳香を吸入すると共に、肌からも成分を取り入れることができるためかなり効果的な方法といえます。