WITH THE AROMATHERAPY

アロマテラピーの注意点

フランスやドイツでは医療として扱われるアロマテラピー、家庭の薬箱のように扱っているイギリスなど多くの国で医療とされていてますが、日本では「香りを楽しむ」と言うファッション的傾向もあるのが特徴です。しかし日本人は欧米人に比べ臭覚や肌もデリケートな体質なので、洋書などに書いてあるレシピでは強すぎる場合が数多くあります。このでは日本人が知らないアロマテラピーの注意点のをまとめてみました。

 

第一に、1歳未満の乳児には精油を直接使用しないというのが原則になります。欧米では「ベビーマッサージ」が流行っており、赤ちゃんの健やかな成長と精神的安定にはとてもよいことで実証データもあるようですが、行う場合は精油は使わず植物性のオイル(ホホバ油やスウィートアーモンド油など)でマッサージしてあげるのがよいでしょう。室内芳香の場合は、通常より少なくしてほのかに香らせる程度にしましょう。ただし、乳児が、植物油にアレルギーを持っている場合もありますので、注意しなくてはなりません。洋書での表記では、生後3カ月〜1歳半までの乳幼児には、成人の4分の1の精油量、1歳半〜7歳までの小児には、成人の半分の精油量、7歳〜14歳までの少年少女には、成人の半分から同じ精油量となっているのですが、先程も書いたように日本人にはもっと薄い濃度で使用したほうがよいと思われます。60歳以上の方も、7歳〜14歳までの少年少女と同様に通常の半分位を目安にして、場合によってはそれより少し多く使用する程度にするのがよいでしょう。

 

また、病中の人・持病などで薬を常用している人などは絶対に自分の判断で精油を使用しないことが重要です。最近では医療知識を持つアロマテラピストが活躍しており、治療効果を上げている場合もあるのですが、そのような人に相談できない場合は精油を用いるのは危険です。例えば高血圧の人が血圧上昇作用があるローズマリーを常用してしまうと症状を悪化させることになります。入院中の人などの手足をマッサージしたりすることは、上記の乳幼児と同じように、とてもよいことだと思いますが、その場合でも事前に医師と相談することと精油を使用しないことに注意しましょう。

 

また、敏感肌・アレルギー体質の人は特に注意が必要です。「アロマテラピーは自然なものだから安心」と言うことはありません。たしかに、自然は多くの恵みを与えてくれますが、そのあらけずりさが私達を刺激する場合もあるのです。特に多くのストレスを抱えた現代人にはその力を受けとめられないことが多々あります。その代表的なものが「アレルギー」と呼ばれているものです。敏感肌の人や何かのアレルギーを持っている人は、精油に対してトラブルを起こしやすい傾向があるのです。そのような人はアロマテラピーを使用する時には自分をよく観察してみたり、事前にパッチテストなどを行ってから使用しましょう。パッチテストの方法としては、使用したい植物油や植物油で薄めた精油(ブレンドしたマッサージオイルなど)をコットンやガーゼに少量含ませ、腕の内側の肌の柔らかい部分に貼り付けたり包帯などで密着させてみます。そのまま時間の経過ごと肌のようすを確認し、赤くなったり発疹でていないかなどを観察してみましょう。これでを、24時間続けてトラブルが起こらないようなら、それを使用しても大丈夫ということです。ただし、大丈夫と判断したものでも体調によってトラブルが起こる場合がありますし、特に女性の場合、生理前や生理中などは肌が敏感になりますので注意が必要です。また、特に刺激のある精油というものもあり、精油は水に溶けませんので芳香入浴の時などは、刺激の強いスパイス系や柑橘系の精油を使用するのはやめた方が良いでしょう。柑橘系の精油が肌に残ったまま日光にあたると赤くなったり、発疹やシミの原因になったりします。肌に使用する場合は夕方や夜、日に
あたらない部分がよいと思います。かゆくなったり、ピリピリしたりするのがトラブル発生の証拠なので、その場合は症状が軽いうちに石けんでよく洗い流しましょう。ひどい場合はメイクをクレンジングで落とす時のように植物油をつけて溶かしだし、その後ふき取ったり石けんで洗い流します。必要に応じてこれを何度か繰り返して下さい。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2016/10/11