HISTORY OF THE AROMATHERAPY

アロマテラピーの歴史

アロマテラピーの原型である、芳香植物の利用は古代にさかのぼるのですが、精油の製法が確立したのは中世といわれており、アロマテラピーそのものが提唱されたのは20世紀に入ってからと考えられています。また日本への紹介されたのは1980年代以降のことです。人間は古来よりは洋の東西を問わず、植物の芳香を祭祀・儀礼・治療・美容に用いてきました。エジプトでミイラ作りに防腐効果のある乳香(フランキンセンス)や没薬(ミルラ)などの植物由来の香料が用いられていたとう例もあるほどです。このように、芳香植物の利用は世界の各地域で独自に発展をとげ、近代医学が発達する以前の人間の健康を担ってきました。

 

中世のヨーロッパ地方では、芳香植物の栽培と利用はもっぱら修道院の仕事とされ、植物成分を水や植物油・アルコールに浸出して用いていました。一方その頃、イスラム圏ではアラビア医学が発達しており、イブン・シーナーは蒸留による精油の製法を確立し医学に応用していました。これがアロマテラピーの原型とも考えられています。このアラビア医学は十字軍の遠征などを契機に徐々に西欧にも伝わっていっと考えられています。また、ルネサンス時代には香水が大流行し、精油の生産量が増大します。19世紀にはいると合成香料が出現し、また植物から有効成分だけを抽出して薬剤として用いるようにもなりました。

 

 

そして時代は20世紀初頭、科学的な分析・検証の上で精油を心身の健康に応用しようという試みが始まります。1920年代に南フランスのプロバンス地方において、香料の研究者であったルネ・モーリス・ガットフォセという人物は実験中に手に火傷を負ってしまい、この時とっさに手近にあったラベンダー精油に手を浸したところ傷の治りが目ざましく良かったことから、精油の医療方面での利用を研究し始めました。その後、彼は1928年に研究の成果を学会で発表し、また『芳香療法(原題Aromatherapy)』という本を出版したのです。

 

そして、その後フランスの医学博士ジャン・バルネは精油を使った医療を実践して功績をあげ、1964年に『ジャン・バルネ博士の植物=芳香療法』を著してアロマテラピーの認知度を上げました。そして、ガットフォセの弟子であるマルグリット・モーリーは、アロマテラピーを主に美容方面に活用できる技術として研究し、イギリスに伝えました。このため、現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがあるとされ、フランス系のアロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、多くの場合、医療分野で活用されているのに対して、イギリス系のアロマセラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに活用されています。

 

日本でのアロマセラピーの歴史しては、精油の蒸留法は江戸時代に伝わり蘭医学などで用いられていことが挙げられます。明治時代にはニホンハッカなどの精油を輸出していた時期もあったのですが、合成香料や海外の廉価品におされ、廃れてしまいました。その後、1970年代に、小学生やその親たちの間でポプリが流行し、ドライハーブへの関心が高まりを見せました。そして、アロマセラピーが紹介されたのは1980年代で、はじめジャン・バルネやロバート・ティスランドらによる英仏の専門書が高山林太郎氏により邦訳されて、出版されたのが最初といわれています。そして海外で技術を学んだ者たちが国内で実践を始めるにいたります。1990年代にエステブームなどに乗って広まったこともあって、日本に伝わったアロマセラピーの方法はイギリス系に近いものになるのですが、近年では国内でも精油への科学的アプローチが進んでおり、代替医療としてアロマセラピーに関心を寄せる医療関係者も増えています。2006年頃からバラの香りをかつてない程に再現に成功した、本物のバラの精油よりも大幅に安価な合成香料が開発され、それを添加したガムやドロップが製品が流行し汗がバラの香りと言われて男女間で話題になったことから、「香り・アロマ」への関心が大衆の間でさらに高りを見せています。

pickup

2016/7/8 更新